パウル・シュミットのバイオレゾナンスとバウビオロギー

  1970年に確立されたバウビオロギー(建築生物学)では、
@電磁波、放射能、地磁気、騒音
A建材の化学物質、殺虫剤、塵埃、繊維素材、室内の空気
Bカビ、細菌などの病原体
が健康に暮らすための住まいと環境を考えるうえで取り組むべき対象であると説いています。

  パウル・シュミットは1976年にバイオレゾナンス理論を確立して以来、電磁波とジオパシー(大地の下の水脈、断層などからの身体に負担を与える放射)についていつも触れていました。
健康を維持するうえで、電磁波とジオパシーに特に注意するよう、強く訴えていました。
なかでも寝室は人生の約1/3を過ごす、最も滞在時間の長い場所です。また就寝中はリラックスしているため、覚醒時よりも受けるダメージが大きいとしてとても大事な場所と考えられています。

そこで、パウル・シュミット・アカデミーでは寝室を中心に交流電場、交流磁場、高周波・マイクロ波、水脈、断層、広域碁盤目からの放射が身体に与える負荷(ジオパシックストレス)を測定する技術者を養成しています。現在ドイツ国内には60名ほどの測定技術者が活躍しています。

日本でも電磁波やジオパシーについて自分の住まいの状況を把握したいと考える方々が徐々に増えてきました。そして、2012年秋、パウル・シュミット・アカデミーの協力のもと、バウビオロギー測定技術者集中養成講座が開かれ、11名の日本人測定技術者が誕生しました。
ドイツと同様に寝室を中心に測定を行います。また、電磁波とジオパシーによるストレスをできるだけ軽減するための対策を提案させていただきます。

測定内容は次のとおりです:

 @寝室の交流電場、交流磁場
 A寝室の高周波・マイクロ波
 B寝室における水脈、断層、広域碁盤目からの放射が身体に与える負荷(ジオパシックストレス)

測定料金:75,600円より

 *お住まいの広さ、ご家族の人数(寝室の数)によっても変わります。
 *遠方の場合は、別途交通費を加算させていただきます。
 *詳しくは、電話、メールにてお気軽にお問合せください。

  お問い合わせ、ご依頼は ⇒ ドイツ振動医学推進協会 日本支部
                    TEL:03-5377-7255
                    FAX:03-5377-7256
                    E-Mail:otoiawase@shindo.ne.jp

     
Top