本文へスキップ

私たちが本来持っている生命力を引き出して、健康寿命を延ばすことを目的としています。


  ドイツ振動医学推進協会 日本支部

バウビオロギーbaubiologie

健康に暮らすための住まいを提案 バウビオロギー

1970年に確立されたバウビオロギー(建築生物学)では、
@電磁波、放射能、地磁気、騒音
A建材の化学物質、殺虫剤、塵埃、繊維素材、室内の空気
Bダニ、カビ、細菌などの病原体
が健康に暮らすための住まいと環境を考えるうえで取り組むべき対象であると説いています。

パウル・シュミットは1976年にバイオレゾナンス理論を確立して以来、電磁波とジオパシー(大地の下の水脈、断層などからの身体に負担を与える放射)についていつも触れていました。
健康を維持するうえで、電磁波とジオパシーに特に注意するよう、強く訴えていました。 なかでも寝室は人生の約1/3を過ごす、最も滞在時間の長い場所です。また就寝中はリラックスしているため、覚醒時よりも受けるダメージが大きいとしてとても大事な場所と考えられています。

そこで、パウル・シュミット・アカデミーでは寝室を中心に交流電場、交流磁場、高周波・マイクロ波、水脈、断層、広域碁盤目からの放射が身体に与える負荷(ジオパシックストレス)を測定する技術者を養成しています。現在ドイツ国内には60名を超えるバウビオロギー測定技術者が活躍しています。

日本でも電磁波やジオパシーについて自分の住まいの状況を把握したいと考える方々が徐々に増えてきました。そして、2012年秋、パウル・シュミット・アカデミーの協力のもと、バウビオロギー測定技術者集中養成講座が開かれ、11名の日本人測定技術者が誕生しました。

ドイツと同様に寝室を中心に測定を行います。また、電磁波とジオパシーによるストレスをできるだけ軽減するための対策を提案させていただきます。

測定内容は必要に応じて変わりますが、次のとおりです:

@寝室の交流電磁場と直流電磁場
A寝室の高周波・マイクロ波
B寝室における水脈、断層、広域碁盤目からの放射が身体に与える負荷(ジオパシックストレス)

 *測定料金は付近の環境、お住まいの広さ、ご家族の人数(寝室の数)によっても
  変わります。税抜20,000円から70,000円の場合が多いです。
 *遠方の場合は、別途交通費を加算させていただきます。
 *詳しくは、電話、メールにてお気軽にお問合せください。


お問い合わせ、ご依頼は

ドイツ振動医学推進協会 日本支部
TEL:03-5377-7255
FAX:03-5377-7256
E-Mail:otoiawase@shindo.ne.jp



「電磁波ストレスを軽減するには」


まず初めに
電磁波は危険!と思っている方も電気のない生活は望んでいないでしょう。
ガスも吸えば危険、引火しても危険です。
電気製品を上手に使いましょう。

私たちがここで言う電磁波は5つのグループに分けられます

@交流電場
電気製品が壁の電源コンセントにつながっていると電源スイッチを切っていても交流電場が存在している可能性があります。延長コード、OAタップも同様です。
A交流磁場
電気製品の電源スイッチをオンにして回路に電気が流れると交流磁場が発生します。
B高周波
空間を飛んでくる電波で周波数800メガヘルツから5ギガヘルツ、又はそれ以上のマイクロ波。
C直流電場
カーテンやカーペット衣類に生じる静電気や雷があります。
C直流磁場
地球に存在するN極・S極やEV(電気自動車)の充電ステーションに発生します。

からだにかかる負担の大きさを考えると上記@〜Bについて工夫をすれば、より快適な生活を送れると考えます。

電磁波ストレスをできるだけ少なくするには
1) からだにかかる負担は覚醒時よりも就寝中が大きいと言われています。
配電盤のブレーカーに主幹ブレーカーと子ブレーカーが用意されていて、かつ、寝室に限った子ブレーカーがあれば、寝る前にそのブレーカーをOFFにすると、きっと静謐な雰囲気を感じることでしょう。

2) 壁の電源コンセントにつないで使う電気製品にはスイッチを切っていても交流電場が存在していることが多いです。
使っていない電気製品はスイッチを切るだけでなく、電源コンセントからプラグを抜いておきましょう。

3) 一般的に電気製品から1m離れると交流電場・磁場の影響はずっと小さくなります。特にベッドや布団から1mの範囲内は充電中の携帯電話を含めてフリーにしておきましょう。
ワイヤレスLAN、Wi-Fiのルーターは24時間電波を発信しています。就寝中は電源コンセントからプラグを抜いておくか、寝室からできるだけ離れたところに設置しましょう。
アパートやマンションにお住まいの方は、隣の世帯との壁の向こう側に電気製品が置かれていることを仮定して、ベッドや布団の配置を考えましょう。

4) デジタル・コードレス電話や携帯電話はハンズフリーでの通話をお勧めします。
コードレス電話の親機は一般的に24時間電波を発信しています。親機の受話器がコードでつながれている場合は電波だけではなく交流電場も受話器に生じています。この場合は親機ではなく子機をハンズフリーで使う方がベターです。



ドイツ電磁波事情とタバコのパッケージ・・・

sayakaさん ブログより


ドイツ振動医学推進協会 日本支部ドイツ振動医学推進協会 日本支部

〒166-0004
東京都杉並区阿佐谷南
2-14-8 わ-3ビル 3階
TEL 03-5377-7255
FAX 03-5377-7256