本文へスキップ

私たちが本来持っている生命力を引き出して、健康寿命を延ばすことを目的としています。


  ドイツ振動医学推進協会 日本支部

パウル・シュミットのバイオレゾナンスBioresonance

パウル・シュミットのバイオレゾナンス

方針イメージ

振動医学推進協会のメンバーは、パウル・シュミットが作り上げた、バイオレゾナンス理論を実践しています。

バイオレゾナンスの一例として「日焼け」が挙げられます。
日焼けは太陽の熱で起こるのではなく、紫外線が皮膚に当たって色素沈着を生じます。波長が320〜400ナノメーターの紫外線は肌への色素の形成を活性化します。

皮膚の中には、太陽の光のどの周波数で皮膚に色素沈着させるか(日焼けさせるか)という制御システムが内蔵されているのです。

他に、ビタミンDも紫外線を浴びることによって、体内に合成されています。

これも、バイオレゾナンスと言えるでしょう。

もっと詳しくお知りになりたい方へ

パウル・シュミット式 バイオレゾナンス 日本語版
(入門−機器−使用法)A4版

定価 10,000円(税込)
ご注文・お問い合わせは下記よりお願いいたします。
お電話でのお問い合わせは 03-5377-7255
FAXでのお問い合わせは 03-5377-7256 まで、お気軽にどうぞ

【 目次 】
  1. 献辞
  2. この本を書いた動機
  3. 振動医学の魅力
  4. パウル・シュミット式バイオレゾナンスの基礎
  5. レヨテストの方法
  6. 基本周波数のテストとハーモナイズ
  7. 健康に影響を及ぼす原因
  8. エネルギーの状態と体の極性
  9. チャクラのテストとハーモナイズ
  10. 真菌類・ダニ・細菌・ウイルス・寄生虫
  11. 人体制御プラン
  12. 内蔵されたプログラムでハーモナイズする
  13. バイオレゾナンスの王道・周波数レンジテスト

パウル・シュミットのバイオレゾナンスが学問に


ディートマー・ハイメス氏、ローマの大学の教授に任命
2018年8月24日 フォルカー・エーベルツ

メゲン:ローマのサンパオロ大学に、パウル・シュミット式バイオレゾナンス科学の講座が、ヨーロッパで初めて開設された。
ディートマー・ハイメスが、ローマの大学の教授になる…。

レヨネックス社社長であるProf.ディートマー・ハイメスは、「歴史的な日」と言っている。彼はローマのサンパオロ大学の、バイオレゾナンス科学の部長と教授に任命された証書を受け取った。学生たちは将来この永遠の都で、学士課程及び修士課程の枠内で、パウル・シュミット式バイオレゾナンスの方法を学び、研究することができる。
これはハイメス氏と同社にとって、騎士に叙任されるにも等しい。「我々はメキシコと日本の大学ですでに講義を行ったことがありますが、ローマはパウル・シュミット式バイオレゾナンスが独自の講座となるヨーロッパで最初の大学です」と同氏は述べている。彼はこのテーマを24年来追求している。
「これはこのトリートメント方法が確立し、さらに発展を遂げるために、非常に重要な一歩なのです」 最初の三学期の基礎授業で、学生はレヨネックスが開発したバイオレゾナンス器を実際に使うことを学ぶ。特に慢性疾患のトリートメントである。試験の後では、学生は自分で療法所を開業することができ、それには国からの経済的援助を受ける可能性もある。
「学生を直接仕事へと導く教育なのです」とハイメス氏は言っている。経験の宝庫 レヨネックスにとって同様に重要なのは、大学でバイオレゾナンスを実際に使うことにより集められる、様々な病像の多くの医学的データである。これはバイオレゾナンスをヨーロッパのほかの国でも社会的に認めさせるのに役立つ、経験の宝庫である。 というのはバイオエネルジェティックの振動の効果は、多くの国特にドイツで、西洋医学から受け入れられても、認識されてもいない。
ハイメス氏によると、「ドイツでは、自分の名声に傷をつけることがないよう、代替医療と取り組んでいる大学は、ほとんどありません」イタリアはその点、ずっとオープンであるそうだ。 今では43か国でその製品を販売しているレヨネックス社が、商業的な興味も追っていることを、ハイメス氏は否定しない。医療機器という認可を得るためには、何百万ユーロもの費用が掛かり、それは流動資金のない企業が払えるものではないからだ。しかし前面にあるのは、医学とトリートメントの方法である。「人を助ける、というのが私たちの哲学です」と教授は言っている。 それはイタリアの大学の学長であるコンティリ猊下も確信するところである。「このプロジェクトは未来への投資です」と学長は、メゲンにあるザウアーランドピラミッドのレヨネックスセンターで行われた、新しい学部の紹介でも言っている。すべてのレベルで変化する世界では、新しい道を行く必要があり、それは医学でも同じことである。レヨネックスはその道を、既に20年前から進んでいるのである。

ドイツ振動医学推進協会 日本支部ドイツ振動医学推進協会 日本支部

〒166-0004
東京都杉並区阿佐谷南
2-14-8 わ-3ビル 3階
TEL 03-5377-7255
FAX 03-5377-7256